学会

International Society for the Study of the Lumbar Spine (ISSLS) Annual meeting in Gothenburg, Sweden

38回国際腰椎学会(International Society for the Study of the Lumbar Spine)がスウェーデンのヨーテボリで開催され、参加してまいりました。総勢500名近くの参加者で、波呂浩孝は「活性型リコンビナントヒトMMP-7を用いた椎間板ヘルニア患者に対する低侵襲治療の開発:椎間板ヘルニアの自然退縮機序を如何に促進するか」について口演しました。全世界の医師や研究者と有意義な討論ができました。スウェーデン ヨーテボリは気候も良く街中を濶歩するのは心地よく感じました。